毎日の生活の中で光ったことを書きとめます
by tuyatuyawatako
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> ハリーさん ダブル..
by tuyatuyawatako at 20:45
おめでとうございます! ..
by ハリー at 23:01
> 長野のNさん そう..
by tuyatuyawatako at 11:14
えっ! 家族が増えるの..
by 長野のN at 23:20
> 長野のNさん あり..
by tuyatuyawatako at 21:11
痛かったねぇ。 大変だ..
by 長野のN at 12:32
> 南方さん コメント..
by tuyatuyawatako at 23:15
>ハリーさん ありがと..
by tuyatuyawatako at 23:06
朝晩冷えてきましたね ..
by ハリー at 20:52
one after an..
by 南方 at 16:09
メモ帳
最新のトラックバック
梅の写真とその気品にふさ..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
最新の記事
underwear for ..
at 2017-10-12 22:36
Fresh vegetabl..
at 2017-10-12 00:01
泉大津のだんじり
at 2017-10-07 23:17
柏木みどりさんの彫刻
at 2017-10-06 22:39
The harvest m..
at 2017-10-04 22:42
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016年 01月 23日

Winter birds 冬の鳥たち

☆ 私の英語の先生・アリちゃんに添削してもらったので、書き直しています。冠詞theの使い方はなかなか身に付きません、何でもない動詞などnativeの英語はいつもわかりやすいです。
b0245877_15364269.jpg
b0245877_1553845.jpg

Finally I succeeded in taking pictures of the white-eyes that has come to
my yard.
Every time I found saw it , I went to takeget amy camera, but when I came back it always flueflew away.

この冬はなかなかメジロの写真が撮れなかったのが、今日ようやく撮れました。
ピラカンサが好き放題に伸びていたので、夫が刈ってくれたのは良かったのですが、鳥が来る回数が減りました。
メジロを見つけてはカメラを取りに行くのですが、持っても戻ると、すでに飛び去っていました。
万歳! 今回撮影成功です!


b0245877_1540865.jpg
b0245877_15381723.jpg

This time other birds paused to pick the red fruits of the Pyracantha.
I don't know what is this bird's name is .

Later,my friend told me "It's a Thrush. Japanese name is Tsugumi."

ピラカンサの実を食べに来たこのちょっと大きめの鳥は何でしょう?ヒヨドリではないと思うのですが誰かご存知の方がありましたら教えてください。
早速教えてくれる人がありました!つぐみだそうです。




b0245877_15412781.jpg
b0245877_15425911.jpg

b0245877_15435239.jpg

b0245877_15441518.jpg

Though outside it was very chilly, I went to the Ai river byon my new bicycle
to watch the winter birds.
There were many birds that are not only ducks but also seagulls.
I saw people fishing on the opposite bank.
After all I love this winter scenery around the river in our neighborhood.

寒かったけけど、思い切って新しく買った自転車に乗って、安威川に来ている鳥を見に行ってきました。
鴨だけでなくカモメも群れで来て、川は賑やかでした。
向かいの岸には釣り人もいて、やっぱりこの川の周りの冬景色が好きです!!010.gif





下の枠の中をクリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ









by tuyatuyawatako | 2016-01-23 16:10 | 素敵なこと | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 21日

「ぼんくら」「日暮らし」「おまえさん」 宮部みゆき

b0245877_0374636.jpg


宮部みゆきの時代小説が面白い。
去年暮れから読んでいたこのシリーズ、怪我のために、どこへも出かけられない日々に読み進めた。次はどうなる?先が知りたくて一気に読み終えてしまうと、もう続きがないのかと残念でもっとゆっくり読めばよかったと読んでいた時の充実感が懐かしい。

物語は同心(江戸幕府のもと警察の仕事をつかさどった下級の役人)井筒平四郎を中心に話が展開する。この馬面の人物が、怠け者を公言してはばからず、暇であるとごろごろしている。が事件が起きると面倒がりながらでも、周りの者を動かし、結果的に解決するのである。
個性豊かな脇役が固める、平四郎の甥弓之助、めっぽう頭の切れる美少年。長屋で総菜屋を営む人の好いおばさん、お徳。誠実な岡っ引きの政五郎。その養子の三太郎、話を聞くとすべて覚えてテープレコーダーのように再現することのできるおでこの広い少年。(宮部みゆきの小説には現代物も少年がよく登場する)

物語に魅力を感じるのは、登場人物と一緒にいるような気になって、その小説の世界に入り込めること。登場人物が好きだからよけいに入り浸っていたくなる。
宮部みゆきの筆力に何回脱帽したことか! いったいどこからこんな面白い話が書けるのかしら?
読書の醍醐味を十二分に味わえる本です。






下の枠の中をクリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ


by tuyatuyawatako | 2016-01-21 23:37 | 本のこと | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 16日

A revived hyacinth 蘇ったヒヤシンス

b0245877_1451143.jpg

“ You were injured in a traffic accident, but it was not serious.”
After I came home from the emergency hospital, the surgeon I went to
see near my house said to me.
After writing about my injury on my blog, many of my friends were
worried about me and supported me. I can’t thank them enough.
After this accident I think life is very precious, so I have to live life to
its fullest.

The doctor removed the stitches from the wound in my forehead
this week.
I went to have my first calligraphy and piano lessons of the year .
Gradually my daily life has come back.

I found this small hyacinth has come back by itself after a year.
Thank you very much for all you’ve done.

By the way , after recent events ,I noticed that the band-aids have
developed very much, and are different from the past.
This transparent adhesive bandage became like a scab, and helped to
mend injury very quickly and beautifully.
I recommend this excellent BAND-AID.

語句  ■surgeon 外科医
     ■precious  貴重な
     ■wound 傷、外傷
     ■ events 事件・出来事 (催事ではイベントをよく使うがこういう使い方もある)
     ■ scab かさぶた

アリちゃんの一言 life is not limitless. → life is very precious. と直してもらいました。この方がピッタリしました。

「交通事故でこれくらいで済んでよかったですよ」と退院以来、通院している近所の外科の先生に言われました。
ブログに事故のことを書いてから、たくさんの人たちに心配してもらい、自分一人で生きているんじゃないんだなあ~と改めて身に沁みました。あのまま向こうの世界に行ってたかもしれないと思うと、向こうはどこか遠いところではなくて、現実と裏表にある、すぐそこの世界のように思えます。いっそう今を大事にしなくてはという思いを強くしています。
おでこの怪我、縫合の抜糸も今週に済んで、顔中に貼っていた絆創膏もおでこと鼻の下、以外取れました。
習字やピアノの稽古日の初日にも行くことができてだんだん日常が戻ってきています。

b0245877_14552387.jpg
↓退院時、長女が病院の勧めで買ってきてくれた色んな大きさのバンドエイド、ほとんど使い切りました。
b0245877_1458448.jpg

これは傷に貼る透明の絆創膏、今は消毒方法も昔と違いました。
病院で入院2日目に洗面器に水と石鹸水とガーゼを看護婦さんが持ってこられて「傷の周りにこびりついた血もこすって取ってください」と言われてびっくり! 水道水が今の消毒方法なんですね、そのあとこの絆創膏を貼り付けておしまい。絆創膏がかさぶたの役目を果たして、傷から出てくる体液が、皮膚を再生させて保護するんだそうです。少し高いですが、すぐれものです。
痛みもなくて回復も早く助かりました。

知らないうちに1年前のヒヤシンスが小さいながら再び花をつけていました。




下の枠の中をクリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ


by tuyatuyawatako | 2016-01-16 15:30 | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 06日

 What a wonderful world ! 日常この素晴らしいもの !

b0245877_22422749.jpg
                   向島の義妹から送られてきた十二支サルの羽子板・ 事故がサル


「救急隊から家に電話がかかってきて、交通事故、意識不明と聞いた時は、びっくりして、7~8割は今生の別れかと思ったよ・・・。」
というのは私が病院のベッドで聞いた、夫の安堵の言葉でした。
年末の29日朝、ロンドンに帰省中の次女の留守宅に猫の世話に行った帰りの路上で、私は自転車、相手はバイクで出合い頭の衝突事故を起こしたのでした。
私は脳震盪で未だにその時の記憶が全くありません。
千里救命救急センターに運ばれ、おでこの傷の6針の縫合の時に気が付いたのでした。
怪我は顔の腫れが治まり、今も顔中に擦過傷を覆う絆創膏があり、足に打ち身の青あざがあるものの、骨や歯に異常がなく病院に2泊して大晦日に退院しました。
退院の日に次女夫婦も帰国して、長女が作ってくれた1段お重のおせち料理に買ったものを足して、総勢5名で、笑顔で賑やかに大晦日の夕食を囲みました。
ロンドンでの土産話にも花が咲きました。
あたりまえの日常がいかにキラキラとした素晴らしいものであるか、そして家族の有難さをしみじみと感じた貴重な経験でした。
 
2016年が皆様にとって素晴らしい年でありますように!
交通事故にはくれぐれもご注意を!
今年もよろしくお願いします。
b0245877_22471686.jpg
義妹作



下の枠の中をクリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ


by tuyatuyawatako | 2016-01-06 22:54 | 未分類 | Trackback | Comments(2)