毎日の生活の中で光ったことを書きとめます
by tuyatuyawatako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
匂いにつられて来て、その..
by tuyatuyawatako at 19:54
こんにちは! ナメクジ..
by ひーちゃん at 12:14
どうでしょうか? 最初は..
by tuyatuyawatako at 11:08
英語でブログを書くと英語..
by 英文校正 at 20:59
去年の10月の北イタリア..
by tuyatuyawatako at 11:41
本当に解放された素晴らし..
by ハリー at 17:47
同級生様 ながぐつをは..
by tuyatuyawatako at 22:10
ながぐつをはいたねこ 昔..
by 同級生 at 20:31
同級生さま 朽木は今頃..
by tuyatuyawatako at 16:54
相変わらず元気ですね。四..
by 同級生 at 16:46
メモ帳
最新のトラックバック
梅の写真とその気品にふさ..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
最新の記事
A seasonal lov..
at 2017-06-17 23:05
A white gaucho..
at 2017-06-14 20:38
migh-T ポップアップシ..
at 2017-06-10 00:50
I cropped cucu..
at 2017-06-08 21:54
Mitsuaki Iwago..
at 2017-05-30 23:04
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2015年 05月 16日

パプーシャの黒い瞳

b0245877_20462129.jpg


現在のポーランドにあたる地域を、馬車を連ねたキャラバンを組んで旅をしていたジプシーの社会に生まれた実在の女性詩人”パプーシャ”ことブロニスワヴァ・ヴァイス(1910~1987)の生涯、時代を描いた映画。
 
 文字を持たないジプシーであるが、パプーシャは文字に興味を持ち、独学で文字を覚えて日々の生活のことを言葉にする。彼女の詩人としての才能を見出した男性がそれを出版したことで、彼女がジプシーだけしか知らない秘密を漏らしたとして、ジプシー社会から追放され孤独を生きていかなければならなくなる。

彼女の晩年から映画は始まる。第二次世界大戦をはさんで時代は遡ったり進んだり、また古い話にもどったりする。いろんな時代のエピソードが彼女に関する情報のピースをはめ込んで、最後に彼女の全体像が明らかになったところで映画は終わってしまう。

2013年に製作された映画であるのに白黒、しかしそれが何とも美しい。大自然が光り輝いている。

旅暮らしから強制的な定住を余儀なくされたジプシーであるが、自然の中で生きていく知恵を持ち、あふれ出るような音楽を持ち、偏見や非難されても言い返す逞しさがあった。文明社会の人間と比べて劣っているとか、不幸であるとか果たして言えるだろうか? 

一緒に見に行った友人曰く 「これはきっと物語を凌駕しているね、文章では湖に太陽の光が当たっている光景など美しい雄大な自然をここまであらわせなかったよね」

時代の先頭を走る勇気ある者が多大な代償を払ったのだ。
美しい映像とともに、彼女の詩が歌となって流れる。本物の映画を見た気がする素晴らしい!!


十三の第7芸術劇場で29日まで上映中です。詳しくはこちら



↓クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ



 
by tuyatuyawatako | 2015-05-16 23:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 28日

マダム・イン・ニューヨーク

b0245877_23295959.jpg
掲載する時期を逸してしまい、今はもう終わってしまったのですが、今年観た中で一番よかったのはインド映画です。
主人公の主婦、シャシが親戚の結婚式の手伝いをするために、インドからニューヨークに一人で行きます。彼女は英語が話せません、それで子どもに馬鹿にされたり、夫からはお菓子だけ上手に作れる妻として見られています。
英語が話せないためコーヒーショップで満足に注文もできなくて情けなくなり、誰にも内緒で、語学学校に通う決心をします。
そこでシャシが、母、妻でなく一人の女性としてニューヨークで目覚めていく物語です。彼女に恋するフランス男もいい。
語学学校の場面が多く、交わされる英語がたどたどしくても、よくわかります。英語学習としても楽しいです。
またシャシを演じるシュリデヴィが毎日違った色鮮やかなサリー纏った姿は美しくてとても魅力的です。
シャシの気持ちはたいていの女性の観客にとって自分を代弁してくれているようなので応援したくなるのです。
これはインドの新人女性監督ガウリによる映画だと聞いてやっぱり!!と納得がいきました。
最後の姪の結婚式の場面でシャシがどうするか?見てのお楽しみ。私は泣いてしまいました。

お正月にもう一度DVDで観たいナンバー1の映画です。


↓ クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ



by tuyatuyawatako | 2014-12-28 00:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 16日

マダム・マロニーと魔法のスパイス The hundred-foot journey

b0245877_01225859.jpg
今、上映中の映画です。いろんな料理が次々とでてきて匂いまでしてきそうです。
美味しいものを食べると人は幸せな気分になります。それは民族、思想、歴史、年代を超えて共通のものです。
それを楽しいコメディにして、たまにホロリとさせられ、そして最後、ご馳走を食べた後のようにほっこり感を味わえました。
物語は南フランスの名門レストランとその向かいに引っ越してきたインド料理店とのバトルで始まります。
このインド料理店の家族がめちゃくちゃ元気があって楽しい、実は悲しい過去を経てここにやって来たのですが、馴染みのない異国に料理店を開いてお客を呼び込もうというガッツは半端なものではありません。
それがフランス料理店と派手にぶつかりあうのですが、どうなるか?は見てのお楽しみ。

原題の The hundred-foot journey は インドからロンドンを経てフランスにやってきた家族の遠い旅と、知らない者同志が理解し合うまでのはるかな道のりを表しているのかなと思います。
 この映画で話される共通の言語は英語、それがとても聞きやすいのも嬉しかった。



↓ クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ


by tuyatuyawatako | 2014-11-16 13:07 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 29日

大いなる沈黙へ Die Grosse Stille

b0245877_14393315.jpg

フランスのアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズ修道院の生活を写したドキュメンタリー映画です。
それが厳しい戒律で知られ、撮影申し込みが1984年、許可が下りたのが16年後と言うから写す方の熱意がひしひしと伝わってきます。
 ナレーション、音楽、照明を一切使わずに、一人だけ入ることを許される、という条件付で
6ヶ月修道士と生活をともにして、さらに5年かけて出来上がった映画。
 修道士は全員老若の男性、部屋は独房、食事は係りの修道士が木製のワゴンで運んできて、ブリキの3段重ねの容器に入れて独房の食事を入れる鍵付の小窓に置いていきます。 中では修道士それぞれが祈りを捧げ、聖歌の練習をし、本を読んでいます。時には髪をバリカンで刈ってもらったり、薪割りをしたり、野菜の種を蒔いたりして育てています。
日曜日だけが皆で会食し、散歩に出ての仲間との雑談が許されています。
雪山を順番に滑ったり、ころげ落ちたりして楽しむ場面で初めて楽しげな笑い声が聞けました。
完全に世間と隔離した孤独のなかで生活し修業をします。
 脱会はいつでも自由、ただし規則に従わないとおられません。

 時々老若の修道士の顔がゆっくりとアップで写ります。
新入りのアフリカ系の若い修道士が、映画が終わる頃には堂々とした精悍な顔に変わっていました。

情報が過多の騒がしい時代に生きる私たちには、異質な静寂の世界がもはや遠いものになりましたが、人間の原点を見せ付けられた気がしました。
「死は恐ろしいものではない、神により近づく喜ばしいこと」と語る盲目の修道士の顔つきは自愛に満ちていました。

しかし3時間もあるこの映画じっと観ていることがすでに修業でした。
私は人工の音がない世界の深みを忘れてしまったせっかちの現代人そのものであることをつくづく認識。

帰りに映画館の向かいの「やまもとのねぎ焼き」を食べている時の幸せ感といったら・・・・ 
あ~あ、もう・・・
 

 第七芸術劇場(十三西口から徒歩3分) 10月17日まで上映




↓ クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
by tuyatuyawatako | 2014-09-29 16:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 13日

「2つ目の窓 」  Still the water

b0245877_2214189.jpg

河瀬直美監督の映画を始めて見ました。まだ、じわっと感動の余韻にひたっています。
まずこの映画の中では時間がすごくゆっくり流れています。会話はとてもスローなので、その内容は見逃すことなく直球できちんと伝わってきます。カメラアングルは接写で、人の顔はとても大きく写るので、その人が語らない内面まで見つめることができます。人間の死はそれで終わりではなく、次の世代へつながっていることを奄美大島の自然を通じて伝えています。何かとせわしない現代と対極にあるこの世界に、忘れてしまった大切なものがあることを思い出させてくれます。ヤギを殺す場面が2回出てきてます。私たち人間は動物の死によって生かされていること、あたりまえのことでも、実際の場面は厳しいです。
  
 どこまでも続くトウモロコシ畑、海辺に沿って主人公の2人の高校生が自転車を走らせる場面は7年前に奄美大島に行ったときと同じ風景でした。奄美の自然に魅せられて東京から移住し無名のまま奄美の地で亡くなった画家・田中一村のこと過去のブログに載せています。

いい映画でも商業ペースの宣伝が少ない場合は、見逃してしまいがちです。たまたま友人と映画の話になって見ることができたことは幸運でした、お勧めです! 
           
        茶屋町のテアトル梅田で上映中




↓ クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
by tuyatuyawatako | 2014-08-13 23:43 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 20日

私の男 My man , just between you and me

 
b0245877_11414867.jpg
映画「私の男」を観た。
 直木賞をもらった桜庭一樹の小説の映画化である。本を読み終えた時、あまりに陰惨な話に打ちのめされたが、どこかで異質なものとして突き放してしまえない魅力があった。最初は作者は名前からして男性と思っていたが、女性だと知って驚いた。

 映画はクライマックスの流氷のシーンから始まる、二階堂ふみ演じる娘が氷の海から這い上がってくるが、白いはずの氷が光を取り去ってどす暗く、これからの物語を暗示するようであった。 
冗長なところは全くなくて、息もつけないほど緊張して、観終わって一緒に行った友人としばらくはお互いに言葉が出てこなかった。
モスクワ映画祭で賞をもらっているが、映画好きの長女の話によると今の日本の映画界で最高峰に位置する作品だそうだ。
映画全体から力が湧き上がってくるようで、虚構の世界を描いているのに、北海道と東京を舞台に人間の内面の底に沈んでいる情念をえぐり出し、恐ろしい真実の世界を具現化しているようだ。こうなるべくしてなってしまったことに納得させられてしまう。
 2人の世界に巻き込まれた悲運な最後となった地域の親切な世話好きのおじいさんを藤竜也が好演しているが、「愛のコリーダ」を観た者としては、彼がもし若かったら、彼も浅野忠信の役ができただろうとふと思った。

 絶対に肯定できない世界ではあるが、道徳観でがんじがらめにされている現代人への恐ろしい挑発であるのかもしれない。


↓ クリックをしていただけると励みになります。
にほんブログ村  ランキングに参加中!Thank you for your click!。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
by tuyatuyawatako | 2014-07-20 23:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)